協議会について

私たち静岡県森林認証推進協議会は、平成27年度に森林・林業関係5団体を会員、県内にある各流域林業活性化センターを賛助会員として発足しました。
県内の森林認証の取得推進及び普及啓発等を目的に、これまで講演会・意見交換会の開催や展示会等への出展、森林認証先進地の視察など、多様な事業を展開しました。
そして平成30年度には県内全域で森林認証(FM認証)の組織体制が整ったため、現在多くの森林認証管理団体があります。静岡県西部では主にFSC、中部・東部ではSGECの取得率が高いという特徴を有しています。

令和元年度には森林認証管理団体を会員の迎え、協議会は新体制へと変わりました。そして、各地域で伐採された認証材が2020年東京オリンピックの選手村ビレッジプラザの建築資材として提供されるなど、静岡県の森林認証は次のステージへと進んでおります。
これからの協議会は一人でも多くの方に森林認証を知って良さを理解してもらい、認証材を使っていただけるような活動を進めてまいります。

目的

協議会は、静岡県の持つ世界水準の魅力を背景に、森林認証制度の普及や持続可能な方法で適切に管理された森林から生産される木材の利用、多面的機能を持つ認証森林の面積拡大などを通し、静岡県における林業の成長産業化及び森林認証の認知度向上を図るとともに、質の高い森林保全や環境緑化に資することを目的とします。

事業内容

協議会は、目的を達成するため、次の事業を行います。

  1. 一般消費者への森林認証制度の普及に関すること
  2. 認証森林の面積拡大に関すること
  3. 森林認証材の安定供給及び販路拡大に関すること
  4. CoC取得推進に関すること
  5. 会員相互の情報共有及び連携に関すること
  6. 行政等関係する機関への提案に関すること
  7. その他必要な事項

会 員

役員
会長 杉山嘉英 F-net大井川
副会長 鈴木英元 静岡市林業研究会 森林認証部会
監事 渡井正孝 富士山森林認証グループ
監事 甚沢万之助 遠州森林認証グループ
正会員
  • 伊豆半島森林認証ネットワーク
  • 戸田森林組合
  • 富士山森林認証グループ
  • 株式会社ふもとっぱら
  • 富士宮市 白糸財産区
  • 静岡市林業研究会 森林認証部会
  • オクシズ森林認証協議会
  • F-net大井川
  • 遠州森林認証グループ
  • 天竜林材業振興協議会
賛助会員
  • 静岡県森林組合連合会
  • 静岡県木材協同組合連合会
  • 公益社団法人 静岡県林業会議所
  • 公益社団法人 静岡県山林協会
  • 公益財団法人 静岡県グリーンバンク

規 約

静岡県森林認証推進協議会 規約(PDF形式:106KB)